個人売買

知ってる?

 

クルマを個人売買するのはかなりのリスクとメリットが有ります。

 

車という高額である物を取引するとき一体どう言った事が起こるのか?
どう言った心構えで気をつけることが必要なのかをまとめています。

 

車の個人売買は本当にトラブルリスクも多々有りますが、高く売れる・買えるという事が本当に可能ですから、車を見る目が有ると思う人は
一つの楽しみにしても良いかもしれませんよ!

 

テクニックや手順は次のページから書いていますので、そちらも読んでみてくださいね!


個人売買の【買う側】の注意ポイント

 

 

車の個人売買、は車を買いたいという人に取ってはいい麺も悪い面も有りますが、取り分け買う側には安く買えるというメリットよりもリスクを背負うデメリットの方が大きい気がします。

 

しかし、車を買う時に見る目と注意ポイントさえ抑えておけば確実に満足の行く取引ができるはずです。


 

車を見る目は確かに経験値が物を言いますがその他に気をつけるポイントを知っておけば、車購入後の満足度はきっと高くなるはずですので、ココで、双方の良い点悪い点を紹介しますね!

 

メリット

  • 車屋さんで購入するよりも安く買える
  •  

  • レアなエンスー車を買うことも可能

個人売買で車を買おうと思った時にメリットがなければ買う意味も有りません。
そういった意味でも個人売買の利用価値は高いのかもしれませんね。
中にはレアな車ばかりを集めた個人売買サイトが有るほどですからね。

 

安く買える

ハッキリ言ってメリットはこれくらいしか無いでしょう。
でも車を購入する上で「価格」と言うものは切っても切れないとても大きな部分です。
欲しい車が割安で買うことが出来れば、その後の自動車ライフの満足度も大きくなりますからね。

 

レアなエンスー車に出会える

レアな希少車に乗ることが出来ないことは有りませんが、そう言った車は専門店が特に抱え込むものです。
そう言った車はプレミア価格になって、割高になってしまうケースが殆どです。

 

ユーザーが手放す状態で、手放す価格でそのまま買えるのはメリットとしても大きいですよね。
希少性の高い車は下手をすると市場に出てくる前に次のユーザーへ流れてしまうことが多々有ります。
その理由としては欲しい人は確実にいるが、ショップでは高い買取価格が付かない。
そのため、個人売買やオーナーズクラブ内などで売買されてしまうからです。

 

デメリット

 

  • 車個体としての見極めが難しい
  •  

  • 買う側に不利な契約が殆ど

車を個人売買で買う場合には基本的に買う側のほうがリスクが大きくなります。
その壁を乗り越えなければ良い取引だったとは思えませんからね。

 

買う側に不利な契約が殆ど

 

買う側に不利な条件と言ったら一体どういう意味でしょうか?

 

それは、契約完了をしたら「ノークレーム・ノーリターン」であるということです。
ハッキリ言ってしまうと、売主が調子の悪い部分を隠して取引を成約してしまっても、勝った側は後から何も言えないし、言った所で賠償の責任が無いからです。
個人売買は1/3は「信用取引」その他2/3は車を見る目と経験です。

 

数十万円から数百万円もする物をホボ初めて有った人と取引をする。
しかもその相手は殆どが素人であり、車の売却を軽く考えている可能性だって有る。
中にはがたが来たから、完全に壊れる前に売ってしまおうなんて考えの人も居るものです。

 

走行距離不明、代理出品何て地雷そのものです。
※こう言った商品は事故車がほとんどですので業者が殆どですが…。

 

何にしても車を買ったら保証は有りません。

 

そういった意味でも一つの博打であり、車との出会いでも有るのです。

 

車個体としての見極めが難しい

 

もしピカピカの車で走行距離が6万キロの車だったとします。
前オーナが、オイル交換はちゃんとやっていたし、事故歴もないですよ!

 

と言われたのに実はオイル管理もこま目にはやっておらず、大きな事故はなかったとしても小さな修復歴が有ったとしても殆どの場合分かりません。

 

また、ミッションの具合など時々不調が出ていたけれども、短期間では見抜けないなんてことも多々有ります。
AT・パワステ・水回り・電気系などぱっと見では分からなくても、壊れると莫大な金額の修理代金が掛かることも普通に有るので注意が必要なのです。

 

コレを見抜くにはいくつかコツがあるのですが、慣れてくると、車の発する雰囲気で分かるようになるのもなのですけどね。

 

そんな私も昔BMWを買った時に引き取った帰り道、東名高速でフル加速中にヲォーターポンプベルトが外れてオーバーヒートしてしまった事が有りました。
因みにその時の修理代・レッカー代金合わせて40万円掛かりましたが自分持ちで治しました…。

 

 

ココら辺も後で紹介してみます。

 

個人売買の【売る側】の注意ポイント

 

 

車を個人売買で売る時のメリット・デメリットは一言で言うと お金の関係と引き渡し後の苦情です。

 

トラブルで1番多いのがお金の関係で、2番目が故障による苦情なのです。

 


 

メリット

 

  • 買取店よりも高値で売却出来る
  •  

  • 値が付かない車でも売れる
  •  

  • 希少車・人気車では思わぬ高額金額が付く事も

個人売買で車を売る事で受けられるメリットは何と言っても一般的な買取店に比べると確実に高値で取引ができます。
もちろん需要と供給が有って相場が当てはまればの話ですが、高く売れるというのはとても魅力的なことですね。
では車を売る側のメリット・デメリットとはいったいどんなことが有るのでしょうか?

 

買取店よりも高値で売却出来る

個人売買をする意義と言うのがこの取引金額と言うことに80%は重点をおいていると思います。
個人売買では買取店や下取りに比べ確実に高く売ることが出来ます。

 

時には買取店では5万円ですと言われた車が35万円で売れたなんてことを私は経験しています。
その時の車はフィアット・プントですが、BMWやアウディなども相場よりも高く売ることが出来ます。

 

その理由に、中間マージンが掛からないと言うことと要らない整備費・書類代等が掛からないという事が上げられます。
一般的な買取業者ではその車が幾らで売れるのかが基準に買取価格が決まるのです。
例 250万円で売ることが出来る車 = 整備・製造・手続き・利益+車両代
になるので、実際の車両買取価格は100万円程になってしまします。

 

また、輸入車は何時売れるのか分からないというリスクが有るので 利益のマージンを大きくとっておくことが有ります。

 

しかし、個人売買で買い手を見つけてしまうことが出来れば、この250万円で売れる車(店頭で)でしたら200万円ほどで取引出来るはずです。
この金額でしたら、買取査定の2倍の金額ですから売り手から見ても、売り手から見てもかなり良い条件ですよね。

 

 

値が付かない車でも売れる

 

私は過去に事故車を売ったことが有ります。

 

この車査定評価15,000円でした。
鉄くず代ですね。
しかし、この時はヤフオクに出品したのですが、23万円で売却することが出来ました。
この時オークションでは2名が競っていたのですが、一人は修理して乗りたい。
もう一人は解体屋サンでした。

 

こう言った事故車は好きな人は直しても乗りますし、解体屋さんが部品取りなどに欲しいという道筋も有るのです。

 

普通に買取や下取りに出しても値が付かないのは容易に想像がつきますね。

 

希少車・人気車では思わぬ高額金額が付く事も

 

希少車というのは市場に球数が少ないという事で希少価値が高まるのですが、余りにも球数が少ないと実例が少なすぎて評価がちゃんと付かないなんて事もあります。

 

そんな時に活用したいのがオーナーズクラブや個人オークションです。

 

車の値段は需要と供給です。

 

この車が欲しい!と言う人が居ることで、思いもよらない金額が付くことも普通に有ります。
こう言った希少価値の有る車は専門店ではとても手が出ないような金額で売っていたりします。
だからこそ次のオーナーを見つけて上げることで無駄な部分を省くことが出来るのです。

 

デメリット

 

売る側のデメリットは何と言ってもトラブルです。
そうならないために絶対に契約書を交わすべきなのですが、個人ということでどうしても軽く見られ、契約書を交わしているにもかかわらず文句を言ってくる人もいますからね。

 

  • 金銭的トラブル
  •  

  • 不具合による苦情
  •  

  • 何時売れるのか分からない
  •  

  • 名義変更してくれない

 

金銭的トラブル

コレは車を引き渡す時には確実にお金はもらって置かなければなりません。
後日払いますと言って払ってくれなければ何処の誰だか分からないので、そのままなんて事もありえます。
そうならないためにも、出来たら、前もって振り込んでもらう、最低でも車両引渡し時に支払ってもらうことです。

 

不具合による苦情

引き渡し後すぐに車が故障してしまったという事はものすごく良く有ることです。
そう言った事が起こってしまうと購入した側から見れば、騙されたのではないか?
という気分になり理不尽な気持ちになります。
もちろん契約書を交わしていても、修理代を払ってくれと行ってくる人が多いのです。

 

車を引き渡してすぐ故障するには理由が有るのです。

それは所有者の車の扱い方が変わるからです。
アクセルを踏む動作一つ取っても変わってくるので、車への負担の掛かり方が変わってきます。
ミッションを労りながら走るドライバーさんから、ガンガン加速してATに負担を掛ける走り方をする人に変わった場合、今までは問題なく走っていたものが突如壊れてしまうなんてことがあるものです。

 

何時売れるのか分からない

個人売買で取引相手を見つけるには時間がかかることが有ります。
もちろんタイミングよくひょっこり出てくる時もありますが、売れない時は本当に売れません。

 

簡単に得る方法は唯一つ!
価格を安くする…。

 

それでも買取店に比べれば高く売れるのですから満足できるのですが、中古車屋さんで250万円で売っていたから250万円で売れると思って設定したら何時売れるのか分かりません。

 

こう言った早々に売りたい場合で、価格も負けたくないと言う時には本当にいい出会いか、希少価値の有る人気車種しか買い手は見つかりにくいものです。

 

もちろん高く売る小手先テクニックなども有りますが、それはまた別のページで紹介しますね。

 

名義変更してくれない

個人売買で車を売買した後の名義変更、殆どが自分でやると思います。
思っているほど難しくないので、私も自分でやっていますが、時々名義変更を中々してくれないと言うケースが有ります。

 

名義変更をしてくれなければ、万が一事故や事件に使われてしまえば所有者は貴方になってしまいます。
もちろん契約書に色々と条件を書かせますが、それでもコレは困ります。

 

4月をまたいでしまった場合などは自動車税も貴方の方(名義人)へ送られてきて請求されてしまします。

 

こういったトラブルは無さそうで全く無いというわけでもないのが怖い所です。

まとめ

 

 

個人売買で車を売り買いすることについて私はものすごくオススメします。

 

個人売買で上手く車を取引できるようになるとビックリするほど色々な車にお金を掛けずに乗ることが出来ます。


車を買って、1年経過。車検が切れるから売却で、購入金額よりも高く売ることなんて普通に出来ますから。

 

実際に私は、この2年間で7台もの車を乗り継いで来ました。

 

我が家には車は2台ある(自分と嫁さんの車)のですが、本当にお金がかかっていません。

 

むしろ黒字になって乗り換えるたびに車のグレードが上がっているほどです。

 

 

そのためには車を見る目・販売者を見る目が重要になってきますので、この部分は実践しながら磨いていくしか有りません。

 

最悪失敗してすぐに転売したとしても、買った値段では売れるので損することはホボ有りません。
(責任は持てませんが…)

 

車の個人売買でもう一つ必要なことは

 

適切な車の相場観を身につけることです。

 

売りたい時にはこの車の相場は実際には幾らなのか?

 

車の買取一括見積もり取ればすぐに分かりますよね?

 

スバット車買取比較ってどんなサービス?

 

買いたい時には、適正金額のものを買っても旨味は有りません。

 

相場よりもコレは安い!

 

しかも怪しさも無くメンテもちゃんとしている!

 

と言う車を見つけた時にだけ購入すれば、乗り換える時にホボ買った時の値段以上で売ることが出来ますからね。

 

輸入車を個人売買するという事、リスクとメリット・デメリット記事一覧

個人売買が一番高く売れる【くるまり子の外車買取情報局】

車は個人売買が一番高く売れるって知ってました?簡単な話、農産物の直売と同じですね、売りたい人と買いたい人が直接話し合うのが一番なんですから。

≫続きを読む

個人売買をするには?【くるまり子の外車買取情報局】

個人売買にリスクが有ることは承知で、それでもやってみたいという人に、ちょっと詳しく開設してみますね。出来るだけトラブルがないようにするためにはどうするのか?ちょっと面倒くさいけど、高く売るにはコレが一番だと思います。

≫続きを読む

車の個人売買の手順【くるまり子の外車買取情報局】

車を個人売買する前の覚悟は出来ましたか?ポイントは準備、ココではヤフーオークションを使います。価格さえ無謀な設定をしなければ、すんなり10日程で決まってしまいます。だからこそ、重要なのは前準備なのです。

≫続きを読む

外車の個人売買の注意点【くるまり子の外車買取情報局】

まず車を個人売買すると言うことには実は偏りがあるのです。どんな偏りがあるかといいますとその車へ対する責任の度合いです。個人売買は確実に買い手のほうがリスクが高いのです。売る手は相場より少し高い金額で手放すことが出来るのですが、買う側は若干安く買えたとしてもトラブルはまったく補償しませんよと言うこと前...

≫続きを読む