1シリーズ

BMW 1シリーズの特徴は?

1series

BMW 1シリーズ (E87 / E82 / E88) 2004年10月(平成16年) に発売されました。

 

モデルチェンジは2011年9月(平成23年)に行われ現行モデルに切り替わっていますね。

 

BMWとしては入門モデルということでの登場でしたが、AudiのA3が成功したプレミアムコンパクトがヒットしたために登場したのもこの1シリーズなのです。

 

116i
118i
120i
130i
135iクーペ
120iクーペ
120iカブリオレ
1シリーズは排気量が気になる所です。
初代は
116i 1600cc
118i・120i 2000cc
130i 3000cc

 

118iと120iが共に2000ccで悩ましいところだったのですが、実際には116iが売れ筋だったのでそれほど気にならなかったようですね。

 

現行型は

 

116i 1600cc
120i 1600cc
120iクーペ・120iカブリオレ 2000cc
135i 3000cc

 

と何となく関連性が無くなってしまったんです。

アウディA

BMWこだわりの前後重量配分50:50を集来!

5ドアハッチバックで唯一のFR採用!

 

 

ココが○

 

BMWならではのFRを採用していることでハンドリングがピカイチなんだ!
また、3シリーズよりもコンパクトだから、意外と早いしとても楽しいハンドリングマシンに仕上がっているんだな!

 

ココが×

 

前の席はいいけども後部座席はやっぱり狭い…。
新型のデザインには賛否両論も。

乗ってみた感想は凄くいい!

 

輸入車へ買い替えで10万円以上得する売り方は?初めて乗ったグレードは116iでした。

 

エントリーグレートですのでせっかくなら120に乗りたいと思ったものです。

 

でもそうは思ったのも走りだしてしまえば関係無かったんですね。

 

乗って一番に思ったことはやはりエンジン。

 

BMWのエンジンと言ったら6気筒だろと思いますが、今や4気筒も物凄く気持ちのいい回り方をするのです。


 

そしてハンドリング。

 

車が軽いことも有りクイックなハンドリングが気持ちの良い物でした。

 

そのハンドリングには秘密があるんです。

 

このトレッド当時3シリーズよりも広く、全長は短かったので尚更ハンドリングが良く感じたんですね!

 

正直 1シリーズが出た時は安物の BMWが出たなと思ったのですが本命は 130直列6気筒を積んだエンジン。このモデルが本当に楽しい車です。
車自体はコンパクトでとても軽量なのにエンジンはハイパワーでシルキーな、ストレートシックス6、FRの後輪駆動です。
はっきりいって1シリーズのボディーは後部座席はとても狭いですし後部座席もはっきりって乗りにくいです。116や118 120などどの車も直4なのですが驚くほど気持ち良く回りますが130は別格です。
本当に130が登場した時にものすごい衝撃をきました。例えるならば E30型の初代 M3に乗っているような感じを覚えたものでしたね。

 

買取状況は?

当サイトの人気記事だよ!

輸入車にピッタリな保険を探そう

輸入車を買取りしてもらおう

 

外車に乗ろう!購入維持の話

外車の個人売買の話


地図をタッチで、地域ごとに最適な買い取り店を紹介してくれますよ!

地図からあなたの地域を紹介します


地図をタッチで、車買取フォームへ行きます。

エイチーム2