BMWってどんな車?

BMW=運転が楽しめることを最優先

を高校基のエンジンをつくるメーカーからスタートしたBMW。それだけに園児に対するこだわりが強く、繊細で滑らか伸びリングはドライバーが運転を楽しめることを最優先している。そうはいってもスポーツカーをつくるのではなく、実用性と高級感を両立しながら走りを楽しめるスポーティーセダンに仕立てているのがBMWのうまいところだ。

駆け抜ける喜びを伝えるバイエルンのエンジン屋

一方BMWは、もともとを航空機エンジンメーカーとして、1916年に誕生した。「バイエリッシュ・フルークツォイク・ヴェルケ」として創設され、翌年17年に「バイエリッシュ・モートレン・ヴェルケ(BMW)」という名前に解明されている。つまりBMWとはバイエルンのエンジンメーカーという意味なのだ。だから、BMWはエンジンに関する特許が多く、駆け抜ける喜びを具現化するという思想をもっており、その違いが企業理念の違いとしてあらわれ、ひいては車づくりに反映されていると思う。

 

BMWはフロントアクセルを前端寄りに配置しつつエンジンを可能なかぎりバルクヘッド寄りに配置。さらに、バッテリーをトランクルームに配置するなど、前後の重量配分を50:50に近づける努力を続けている。また、理想的な駆動のためにエンジンを縦置き搭載して、スムーズで心地よい加速感をもたせたトラクション、機敏なハンドリングレスポンス等を実現している。だから、BMWはコーポレートスローガンとして「Freude AM Falren」を掲げているのだ。和訳すると「運転する喜び」または「走る喜び」となるつまり、BMWは人も喜ばせることを哲学としているわけなのです。
僕がBMWを初めて所有したのは日本車輸入車合わせて16台の車を乗り継いだ後のこと 4代目5シリーズE39の530ツーリング<スポーツでした。10年選手の中古車でもあったが、乗ってすぐに、メルセデスベンツに比べて機敏なステアリングレスポンスや、ボディー全体の動きのキビキビ感を体験でき、「駆け抜ける喜び」とはこういうものかを実感することができた。
BMWは、フル4シーターの4ドアセダンをメインに備えつつもスポーティーな乗り味を心掛けているのが特徴だ。駆動方式についてもFR方式の後輪駆動にこだわり、最近までBMWブランドのFF車はなかったがに2シリーズアクティブツアラーがBMW初のFF車としてラインナップに加わった。
また直列6気筒エンジンへのこだわりもBMWならではだろう。他社がスペースや重量上有利なV型6気筒へ転換を進める中、あえてBMWは直列6気筒の振動特性やフィーリングにこだわり、スペースやエンジンの軽量化を犠牲にして同社製直列6気筒エンジンを搭載し続けている。BMWの直列6気筒エンジンの中でもビッグシックスとよばれる排気量 2.8リッターのSOHCエンジンはソルキーシックスと形容された。「シルキーシックス」とはその名の通り絹のようになめらかに回るという意味。この2.8リッターの排気量はその後3リッターから3.5リッターをまで拡大され、E34型5シリーズや、E24型6シリーズに搭載された。
こうしてみていくと、車として全く違うことが改めてわかる。では僕らはなぜこのようにも量をブランドに歩調になってしまうのでしょうか?
⇒ BMW

 

それは日本車とは明確に車へ対する思いが違っているからでしょうね。

当サイトの人気記事だよ!

輸入車にピッタリな保険を探そう

輸入車を買取りしてもらおう

 

外車に乗ろう!購入維持の話

外車の個人売買の話


地図をタッチで、地域ごとに最適な買い取り店を紹介してくれますよ!

地図からあなたの地域を紹介します


地図をタッチで、車買取フォームへ行きます。

エイチーム2