車両保険

車両保険について

輸入車の保険で一番価格に跳ね返ってくるのが、車両保険ですよね!

 

車体価格が高いのですから車両保険の占める割合の大きくなるのは当然です。
そもそも車両保険に加入しようか迷っているならば、加入した方がいいです。

 

車両保険の必要な状況や、必要性を少し見てみましょう。

 

  • ①自損事故など自分一人だけの場合
  •  

  • ②相手のいる車対車の事故の場合。

 

この二つは車両保険の重要なポイントになってきます。
1の自損事故の場合は自分が安全運転で車を傷つけないとそういった自信がある人は加入しなくてもいんじゃないかと思ったりしますよね。
でも実は車両保険の本当のありがたみは自損事故だけではないのです。


相手のいる車たい車の事故起こしてしまった場合にこそ力を発揮するのです。
どういったことかといますと、事故を起こしてしまった場合相手が相手の車を直すことになると思います。
しかし、過失割合という自己の責任の割合を決めることになります。
もし相手が 100パーセント悪い自己の場合、もちろん修理代は 100パーセントかいてもちなりますよね。
しかし相手が 40パーセントの割合で過失があり、あなた自身に 60 %の過失がある事故起こしてしまった場合、車の修理代はかかった修理代の 40パーセントしかもらえないのです。
例えば100万円の修理代がかかってしまった場合、だった40万円の補償しかもらえないのです、差額の60万円分はあなたの自腹負担になってしまうのです。
そんな時にあなたが車両保険に加入していれば、あなた自身の車両保険から差額の60万円が貴方の保険会社から払わられるのです。

 

ここでお薦めなのが、自損事故は保証はされませんがこう言った車対車の事故の時にだけ保証される。
「車対車+A(エコノミー車両保険)」がオススメなんです。
車対車の車両保険は 、保険料が抑えられ、いざという時の保証はシッカリ持た保険になるので、最低でも最低でもこの内容は必要だと思います。


輸入車の車両保険に就いてを読む←

 

もしあなたが事故を起こしてしまったり自損事故の場合 1円も保証されなくてもいいという考えでしたら車両保険は入らなくてもいいかもしれませんが、もらい事故や不意な事故でも過失割合が0:10でまるまる相手に保証されるなんてことは本当に稀ですので基本的には加入することがお勧めですね。
これは事故を起こさないという人でもエコノミー車両保険だけは書いておきましょう、フルカバー型の車両保険に比べれば価格も受けやすいのでそれほど負担にならないはずです。

 

輸入車の自動車保険にピッタリな内容は?へ戻る

 

自動車保険の見積もりをしてみよう!

(「保険スクエアbang! 自動車保険」の公式サイトへ行きます)

当サイトの人気記事だよ!

 

輸入車にピッタリな保険を探そう

輸入車を買取りしてもらおう

 

外車に乗ろう!購入維持の話

外車の個人売買の話