僕の愛車遍歴!

僕が免許を取得したのは18歳でした。
と言っても僕は中学生時代から車が大好きで早く免許が欲しいとズット思っていて、社会人になったらあんなクルマに乗って何処へ行きたい!など妄想していたものです。
高校時代はバイトで初めて買う車の貯金もしていましたしね!

我が家の愛車遍歴だぞ!(自分・嫁・父親)

 

その頃はまだまだ輸入車は雲の上の存在でしたから自分が国産車意外に乗れるなんて思っても居ませんでしたが、今や中古車市場は格安車が有りますし、あのベンツでさえ、GLAなど2000年頃では考えられない程低価格化戦略になり、手の届きやすい車種が増えましたね。

 

因みに僕の愛車遍歴と言いましたが、結婚後の嫁の車と時々借りて乗ることが多い父の愛車遍歴も載せておきますね!

 

僕のクルマ遍歴(初めての車から今乗っている車まで)

車種 購入場所 売却場所
ホンダ・アコードワゴン CE-1 ディーラー ガリバー:買取
日産・エルグランド E52 ディーラー ガリバー:買取
VOLVO・850エステート 個人売買 ディーラー:下取り
ホンダ・エリシオン ディーラー カーセブン:買取
スバル・レガシィ BP5 ディーラー ディーラー:下取り
Jeep・チェロキー 中古車店 個人売買
BMW 325 個人売買 ブル:買取
アルピナ B10 個人売買 ブル:買取
トヨタ・bB 個人売買 ガリバー:買取
VOLVO・S60R 個人売買 個人売買
フィアット・プント 個人売買 個人売買
フィアット・プント 個人売買 個人売買
BMW・530ツーリング 個人売買  

 

奥さんの車(我が家のセカンドカー)

車種 購入場所 売却場所
ホンダ・フィット(初代) ディーラー ガリバー:買取
アウディ・A3(2代目) ディーラー ブル:買取
ホンダ・インサイト(2代目) ディーラー ブル:買取
レクサス・RX ディーラー ブル:買取
スバル・ステラ ディーラー  

 

 

●父の車(借りてよく乗り回していた)

車種 購入場所 売却場所
トヨタセルシオ 2代目 ディーラー ディーラー:下取り
メルセデス・ベンツ Sクラス ディーラー ブル:買取
レクサス・LS600hL ディーラー

車を買うという事

 

こんな感じで結構いい車を乗り継いでいるといえば乗り継いで入るのですが、決してお金持ちというわけでは有りません。
これだけ車を乗り換えるポイントは実家ぐらしでお金がかからないということと、個人売買で購入している時も有るからなんですね!
個人売買についてはメリットもデメリットも有りますのでそれについて書いてあるページを見て下さいね!

 

→個人売買が一番高く売れる!

 

そもそも車を買うにはお金がとっても掛かります。
そう毎回毎回いい車なんて買い続けることなんて出来ませんよね?

 

もちろん、収入が沢山有って性活に余裕がある人もいますが、我が家は飽くまでも一般家庭ですから、その一般家庭がどうやって輸入車などを買うかと言ったらやはり中古車と言うこ事になるのです。

 

また私は車好きだと思っています。

 

自分の住んでいる所は静岡県の地方都市ですので、車は必須アイテムですし、一人1台車を持つというのが当たり前になっています。

 

 

どれ位大事かというと、携帯電話やスマホが無いより車がない方が厳しいくらいです。

 

万といっても車がないと仕事にも行けませんからね。

 

通勤に片道20kmなんてザラですから本当に車が生活の一部ですし、そうなってくるとどうしても少し良い車がほしいとか車が好きだ!という人が多いのが地方都市の特徴なのですね!

 

そんな生活環境課にいるからこそ、車を買うという事について、電車網が発達している都心の人よりもお金を掛けますし、思い入れも変わってくるのです。

思い出の愛車

 

今まで乗ってきた車で思い入れが強かった車にどんな車種が有るか上げてみますね!
飽くまでも思い出とかではなく、車を所有して感じたことを中心に書いていこうと思います。

 

VOLVO・850エステート

 

買った時は既に10年落ち 10万キロだったのですが問題なく走りましたし、輸入車初体験の私には十分な刺激をくれました!

 

グレードはGLTと言って、NAモデルの上位モデルだったのですが一言で言って、頑張って走っている感があって楽しかったです。
最近の車はよく出来すぎていて、出だしも軽く、スーッと加速してしまいますよね?
しかし850はエンジンがブロブロブロ!と頑張って回っていく感じで、そのエンジンの回転上昇に合わせて加速していくと言う「クルマの味」が強かったですね。
しかも年式はそれなりに経っていたので、ボロイはぼろいですが、エンジンなどは現状で問題なく走ってくれました。
この車で、車って10万キロ、15万キロは普通に問題ないじゃないか!ということを身を持って知ることが出来たのです!

 

ココカラが僕の過走行車・低価格/中古車人生のスタートだったのです。

 

でも最終的にはエアコンが効かなくなり、夏を迎えて手放してしまったのですが…

 

アウディ・A3

 

 

この車は嫁が二十歳の時に買って、8年ほど乗り続けていた車ですが、本当によく出来た車だと感じましたね。
ハンドルとボディのシッカリ感。
なめらかな加速フィール。コレは特に6速ATの特性がとっても良かったのでしょうね。
当時私はレガシィに乗っていたのですが、時々乗るA3には何時も感心させられたものでした。どんな所が凄いかというと古くなってからが真骨頂という感じなのです。
レガシィはソコソコ古くなってくるとボディた内装のキシミが出てきたのが気になっていたのですが、このアウディA3は古くなっても本当にボディがシッカリと硬性を保っているのが感じられました。
A3も長年乗っているとヘタったなと感じtるのですが、そう思っている時でも国産車から乗り換えると本当に強固なボディだなと思ったものです。

 

そんなA3もこおタイプでの持病が有ったそうで、ATに不調を起こしてしまうということでさよならした車ですね。
そんな僕は今でもアウディファンです

 

スバル・レガシィ BP5

 

ココで国産車がランクインしてきますが、当時国産車なんてどうせドイツ車に比べればどうってこと無いんでしょ?
という気持ちがあって若干日本車をバカにしていたのを覚えています。
そんな状態からはじめて乗ったレガシィには度肝を抜かれましたね。

 

第一印象は早い!曲がる!軽い!でした。

 

当時VOLVO850に乗っていたのですが、VOLVOは頑張ってる車だったんですね。
そんな時にレガシィに乗ったら、日本車スゲー!!保温等によく出来てるじゃ無いか!
国産車はバカにしちゃいかんね!と本心から思ったものです。
グレードは最上級グレードのSpecBでよく乗り心とが硬いとかいわれていたのですが、そんなことは全くなくこの車も16万キロ程になるまで乗りました。
ココで国産車と輸入車の違いがハッキリ出たのですが、国産車はボディがヘタってくると言うのがハッキリ分かた事と、古くなるにつれて内装などからきしみ音がしていましたね。
それとスバルの特性かもしれませんが、パワステポンプからオイル漏れが有ったことと、サッシュレスドアということでドアが下がってきてしまったのでしょうね?
最終的にはドアの締まりが悪くなってしまって乗り換える決意をしました。

 

国産車の底力を見せつけられた車というのがこのスバルレガシィという車でしたね。

 

番外編 Jeep・チェロキー

 

 

Jeepチェロキーは色々な意味で驚かされた車でした。
何しろ燃費が悪い!実燃費4km/lでした…。極端な話アイドリングしているだけでガソリンがみるみる減っていくわけで、正直車検を通すこともなくドナドナしていった車でも有ります。
レガシィの燃費も8km/lと決して良くはなかったのですが、ま~なんとかなるだろうと軽い気持ちで居たんですね。
実際乗ってみてビックリ、3日も乗れば給油しなくてはいけなくなるしチェロキーに乗っている時はガソリン代だけで、6万円程月に掛かっていた記憶が有ります。
乗り味は確かに面白いですし、デザインもカッコイイのですが、コレは乗っていてはイケないと思って手放したのでした…。

 

そんな僕が今乗っている車はフィアット・プントなんです!

 

 

なんて言うんですかね。
大排気量などを乗り継いで最終的に行き着く所って、ライトウエイトだと思うんですよね。
車自体の軽さ、ハンドリングなど大きなクルマにはない軽快な所と、エンジンを回しきって乗ることが出来るというのが一番気持ちの良いポイントですよね!
それに、一度はイタリア車に乗っていたかったというのも有るのですが、これだけは言えることが有ります。
イタリア車に乗るならば左ハンドルに乗るべき!
コレはペダル位置が無理やり右ハンドル用にされているのでどうしてもぎこちなくなってしますのです。
日本では右ハンドルが鉄則!という僕の考えが砕かれた瞬間でした…。

 

でもとっても楽しいですよ!

 

次はまた重量級のカイエンとかにも乗ってみたいと思っています!

 

 

⇒プント君は隠れた名車です

 

車を買い替えるとことは?

 

 

僕は愛車を買い換えるということはどれだけ無理をしないで要られるか!ということだと思うんですね。

 

  • 経済的無理
  • 物欲敵無理
  • 快適性的な無理

様々な無理が有りますが、どうしてもあのクルマに乗りたいんだ!と言う気持ちが消えないようでしたら購入してみるというのも大事だと思います。かと言って年収300万円の人が1000万円の車を買うなんてことは経済的にもキツくなってしまします。
奥さんがワンボックスが良いといえばそう言った家庭環境に有ったクルマを、無理の無い範囲で買うというのはとても重要な事だと思うのですよね。

 

もし、今欲しい車が有るにも関わらずどうしても買えないんだよ、という事でしたらちょっと目先を変えてみる必要があると思うのです。

 

例えば中古車を視野に入れてみる。
それでも手が届かないようでしたら、不人気車、不人気色を選ぶ。
貯金が足りないならば、買取価格の限界に挑戦してみることや、自動車保険を見直すことなんかもクルマを買い換える上でとても大きな影響を持っていますよね?

 

そう言った希望を叶えるための行動をするということが、希望を叶える第一歩なんじゃないでしょうか?

 

 

BMWに買い換えちゃいました

今度はBMW530ツーリングです。

 

今回もヤフオクで吟味に吟味を重ね、コレだ!と言う車を選んできましたよ。

 

元々ベンツの走行距離を走ったものは物凄く故障した経験が有るので、色々調べたのですが、BMWはベンツ程故障が多くないことと、今回見つけたBMWはかなりいい個体でしたのでハッキリ言って衝動買いでしたね。

 

  • 自動車基本情報
  • メーカー名:BMW
  • 車種名:530ツーリング
  • グレード名:Mスポーツ
  • 排気量:3,000 cc
  • 年式:平成15年 (2003年) 8月
  • 走行距離:75,732 km
  • 走行距離の状態:実走行
  • 車検有効期限 平成28年8月(残1年4ヶ月)

 

BMW購入の決め手!

  • 最終型であった
  • 格安な価格
  • メンテナンス履歴がバッチリ
  • 販売者の過去の履歴

こう言った少し古い車の注意ポイントは維持費ですよね。
特に故障やトラブルが起きるとかなりの高額な修理費が掛かってしまい、結果高く付いてしまいますよね。

 

そう言った泥沼にならない個体を無極める「目」が必要になるのです。

 

輸入車を維持する上でのポイントが有る!

当サイトの人気記事だよ!

輸入車にピッタリな保険を探そう

輸入車を買取りしてもらおう

 

外車に乗ろう!購入維持の話

外車の個人売買の話


地図をタッチで、地域ごとに最適な買い取り店を紹介してくれますよ!

地図からあなたの地域を紹介します


地図をタッチで、車買取フォームへ行きます。

エイチーム2