輸入車を買う前に確認する事(メンテナンス編)

輸入車を買う前に確認する事(メンテナンス編)

輸入車を買う時に確認しておく点、気を付けたい点のひとつがメンテナンスにまつわることだよ。
その国ごとのお国柄にも
よるんだけど、概ね海外の製品というものは車にかぎらず大まかであることが多いものだよね。(ドイツ車は除く・・・)

 

輸入車を買う前に故障の事とかを知りたい方はこちらも読んでみてください。

 

 

 

先ずは一番の驚きは日本車のメンテナンスフリーでも壊れなささ。
コレは本当に凄い。
前に乗っていたTOYOTAのBbなんて35万キロホボノートラブルだったんですから恐れいります。
日本車は壊れないは本当です。(コレは当たりだったんですね)

 

と入ってもどんなものも古くなれば色々不具合が出る物です。
その不具合を出さないためにメンテナンスが必要なんです。

 

このメンテナンス実はメーカーごとに考え方が違うんです。
スバル何て面白いもので、性能が飛び抜けて良いみたいな事よく言われますが、開発の時にそんなに性能が良くても15万km以上の耐久性が無いと採用されないのだとか。
そうなんです。国産車は基本メンテナンスフリーという考え方なんですね。

 

しかし輸入車はチョット違うんです。
サスペンションやゴムブッシュ、など性能を維持するためには定期的に交換して行きましょうね!
その代わり品質や乗り心地がいいものを採用します。
という考えなんです。

 

良く輸入車は壊れるといいますがそうではないんです。
見なければいけない箇所をそのまま放置しているから壊れるというイメージを持たれてしまうのです。
まー確かに故障もありますが、故障する箇所って大体何処か決まっているんですよね。
簡単にまとめると

  • 足回りのブッシュ関係
  • エンジンマウント
  • ヲーターポンプ
  • 電気系

が多いかな。
この部品は乗り心地やハンドリングを高次元で保つには変えましょうね。
という思想なので故障ではなく消耗品と考えたほうが良いんですね。

 

この電気系は確かに国産車の方がいいです。
ボルボなんて日本のメーカーを使っているので壊れないのですが、ドイツ車はプライドなのかどうしてもドイツ製にこだわっているんですよね。だからこそ若干トラブルが多いみたいですよ。

 

そもそも日本車は10万キロ乗ったしそろそろ乗り換えかな?みたいな風潮が有りますが、海外ではメンテナンスして20万30万キロと乗り続けるのが普通ですからそう言う思想になっているんですね。

 

例えばタイミングベルト

もちろん車は命に関わるものだから、安全面に関しては厳重にされているけれど、例えばタイミングベルトの交換時期に関していうと、10万㎞程度での交換を推奨している場合がほとんどなんだけど、外車の場合実際には10万㎞持たないことがよくあるんだ!
例えばボルボやアルファロメオ何かは7万キロで交換が推奨されています。
つまり10万㎞と書いてあっても、それ以前に不具合や劣化が見られるようであれば、自己判断で交換してください、というスタンスが海外の多くの国での考え方なんだ。
これが国産であれば、10万㎞と書いてある場合よほどのことがない限り最低でも10万㎞は大丈夫だろう、という見方ができるんだけど、外車の場合はそれが通用しないと思っておいたほうが良いかもしれないんだ。

 

でも最近の新しい車は日本車の輸入車も、よく出来ていて、そもそもタイミングベルト自体存在しなかったりするんだよね。
駆動に金属製のチェーンを使っているから切れないし交換も必要なかったりするんだよね。

 

ついでに忘れないで欲しいんだけどもタイミングベルトを交換するならば、ベルトテンショナーていってベルトを支える部品が有るんだ。その部品も劣化するから一緒に替えないと意味が無いからね!

 

タイミングベルト・テンショナー・ヲーターポンプ この3点セットの交換をしておけば大丈夫だね!

結局壊れやすいの?

はっきり言って壊れることは有る。
でもそれは国産車も同じで、壊れるものは壊れるし古くなれば国産車もガタが来るのと同じなんだ。
そもそも、車が止まってしまうなんて言うトラブルはめったに無いと断言できる!
例えばアメ車
アメリカは広い大地で全く車のこない荒野も有るよね。
そんな真ん中で車が止まってしまったら命にかかわると思わない?
チョットしたマイナートラブルなんかは有るかもしれないけれども、今の車は、走っている最中に動かなくなるなんて言うトラブルはめったに無いと言い切れるね!

 

ただ、気をつけたいことは、その他のメンテナンスにも言えることで、マニュアル等を鵜呑みにするんじゃなくて、ちゃんと自分で定期的にチェックしたりすることが大事になってくるんだ。
そういった視点で考えた時、予算に余裕があるんであればやっぱりディーラーでの購入が安心だよ。細かな注意点もしっかり説明してもらえるしね。予算を抑えたい場合は専門店での購入を考えるといいね。
ただいずれにしても、自分でもちゃんとメンテナンスのことは理解しておくのが輸入車へ乗る事へのベストな状態といえるんだな。

当サイトの人気記事だよ!

輸入車にピッタリな保険を探そう

輸入車を買取りしてもらおう

 

外車に乗ろう!購入維持の話

外車の個人売買の話


地図をタッチで、地域ごとに最適な買い取り店を紹介してくれますよ!

地図からあなたの地域を紹介します


地図をタッチで、車買取フォームへ行きます。

エイチーム2